スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大分修槌会 リーダー出張により一時活動停止のお知らせ

皆様お久しぶりです。
大分修槌会のリーダー、ひふみんです。

突然ですが、他県へ出張に行くことになりました。しかも結構長くなります。
その間はTRPGコンベンションは出来なくなりますが、ご了承下さい。

また皆に会える日を、楽しみにしてます。

スポンサーサイト

【COC比叡山】 最後の大陸

 8月は公民館の予約が出来ず、コンベンションは流れてしまいました。
 でもTRPGのオフセをやります。します。させます。

 今回は固定メンバーに声かけて、いつも遊ばないシステムでセッションしました。

 クトゥルフ神話TRPG比叡山炎上

 買ったまま積んでる悲しいサプリですが、今回めでたく遊びます。

 シナリオは付属の物を使おうと思ったのですが、あれ三部作のキャンペーンなんですね。流石に遊ぶ時間は無かったので、代わりに僕のオリジナルシナリオを使用します。

 題名は【最後の大陸】。

 比叡山で最後の大陸言うてもピンと来ないと思いますが、これはシナリオを進めて行く内に明らかになります。この微妙なネタバレ加減の題名って苦労するんですよね。

 題名は苦労しても、PC作成は簡単にします。
 PCはサンプルキャラの物を使用しました。はい、あのグレーター探索者です。どれ位グレーターかというと、能力値18が至る所にあります。

 選んだキャラは

・地侍(シナリオの都合上必ず選んでもらった)
・忍者
・茶人
・宣教師

 の4名です。どいつもこいつもクッソ強いです。足軽なんて選びません。

 まぁ比叡山のサンプルキャラが戦闘に強いのなんて、そんなの承知です。強いのは承知で……シナリオは探索がメインで、戦闘はサブです。ぶっちゃけ機転を利かせば戦闘を回避出来ます。

 何故かというとPCが幾ら強くなっても、COCの戦闘は単調でつまらないのです。かつ非ダメの一撃は幅が大きく、ダイス目によってはPCが瀕死になってしまいます。そして何より重要なのが、ダメージを回復させる手段が乏しいという事です。

 と言う訳でCOCにおいては、戦闘は緊迫感を与えるためのイベントであり、それをメインに持ってくるのは非常にリスキーであります。また恐怖と推理を楽しむのであれば、戦闘オンリーは野暮と言うものです。例えそれが、比叡山であっても。



「ぶっころしたらー!!らららー!!」

 PCは威勢よく槍を振り回し敵エネミーを粉砕します。
 術の効果ってすごい。15ダメージ以上をポンポン弾き出す様を見て、僕はそう思いました。

 また個人的に好きな術は影縫いでした。これは忍者が持ってる術ですが、これを食らうとPOWの対抗テストを行い、失敗すると行動できなくなってしまいます。そして忍者のPOWは18あります。つまり大概の敵を一撃で葬り去るのです。

――あかん、PC強すぎる。ここは予定を変更してもっと強敵を出さなければ……

 僕はハッとなりました。いかんいかん、こういう事はCOCにおいて絶対にやっちゃいけない。一見楽勝に見える戦闘でも、ダイス目でコロっと逆転してしまうのがCOCなのです。
 ちょいと良い一撃食らってショックでぶっ倒れる。こんなのは見飽きてます。

――とは言え……少し位はいいかな?(ゲス顔)

 綿密な計画よりその場のノリ。
 人間って感情で動く生き物なんだなぁと、僕はつぐつぐ思いました。



 そんな直情KPと違い、PLは冷静に事件へ対処しました。
 いきなり刀を振り回して突貫する事無く、身の危険を感じながらも的確に情報収集に努めました。

 そして謎を解き、かつ退路も確保して、無事事件を解決しました。

――ああ、スマートやのう。いいやん。

 KP・PL共にご満悦のまま、セッションは無事に終了しました。



 一緒に遊んだ皆様、ありがとうございます。
 次回はコンベンションでよろしくお願いします。

【2016年9月18日】 TRPGコンベンションのお誘い

2016年9月6日

出張の為、TRPGコンベンションの活動を停止します。


9月のTRPGセッションの詳細は下記の通りになります。

■開催日時:2016年9月18日(日曜)
■会場:別府市南部地区公民館、小会議室
 ★☆Googleの地図です☆★
■駐車場有り

■時間:10時30分~20時30分
■参加費:大人500円、18歳以下は200円を徴収いたします。
■禁止事項:公民館での食事は禁止されてます。(飲み物はOKです)

当コンベンションに参加するのに、予約は必要ありません。
初心者にも対応してますので、TRPGに興味があると言う人は是非ご参加ください。

!!GMしてくれる方、大歓迎です!!

お待ちしてます!

【TRPGコンベンション】 2016 -初代ソードワールド-

 猛暑に心身共焼かれてる一二三んです。
 でもTRPGをします。やります。させます。

 今回遊んだシステムは初代ソードワールド。来ましたね、おじさん大好き初代ソードワールド。もちろん僕も大好きです。

 GMはむぅさん。
ありがとうございます。僕はPLとして参加です。

 シナリオのコンセプトは お祭り です。何がお祭りと言うと、とにかくスケールが大きくてド派手でした。

 まず初期経験点が+45,000。かつ所持金が+100,000。
 出来上がったのはLV8~9の高レベル冒険者。かつマジックアイテム盛りだくさん。そういや僕思い出したんですけど、こんな高レベルで遊んだ事ないです。

 なお人間で作成すると、ハウスルールで振り直し可能のボーナスがあり。故に全員が人間を選択しました。だから珍しいことにドワーフの神官戦士もエルフのシャーマンもいません。


名前:カーク
種族:人間
技能:ファイター9、プリースト2(チャザ)、セージ1

名前:メイビア
種族:人間
技能:ファイター8、プリースト5(チャザ)、セージ3、レンジャー2

名前:ゲイリー
種族:人間
技能:シーフ8、バード5

名前:メルシャン
種族:人間
技能:シャーマン8(男)、レンジャー4

名前:サラディー
種族:人間
技能:シャーマン7(女)、シーフ6

名前:オリビア
種族:人間
技能:ソーサラー7、セージ6


 これは強い、絶対強い。しかもみんなマジックアイテムもってるんですよね。

 ちなみに僕はシャーマン8のメルシャンです。
 ダイスを振って技能をとって、さて買い物しようと完全版ルールブックを開いたのです。そしたらビックリする事実が判明しました。

 ……シャーマンのマジックアイテムがほとんどない。魔術師系のマジックアイテムは、ほとんどソーサラー専用なのです。魔力上げるにも達成値上げるにも、これ全部ソーサラー用。

 古代王国時代はソーサラー1強だったんだなと痛感します。

 仕方ないからファスト・フィンガー(敏捷を6上げる)と5点の魔晶石を買い漁りました。後衛の僕が魔法の武具買っても意味ないので、こんな買い物になりました。

 味気ないですが、初手でブーストした魔法を撃てば強いのは、ソードワールドやってる人なら全員知ってると思います。だから悪い買い物ではなかったと思います。
 ……たぶん。



 出来上がったPCを眺めながら、さて初手にファイアストームを叩き込もうとニヨニヨしてフヒフヒ言ってる時ですね。思いもよらぬ一言を頂きました。

「ヌフフwww自分ファイアストーム撃つでゴザルよwwwボヒュウwwww」
「一二三んさん、たぶんファイアストーム撃てないと思います」

「え?(素)」

「だって精霊がいませんから」
「いやいや、タイマツに火を付けて持ってれば火の精霊はいるでしょう」
「火の精霊はいます。でもそこに居るにはサラマンダーですよね」
「はい」
「ファイアストーム撃つにはイフリートが必要です」

「!?」

「シャーマンの高位魔法のほとんどは上位精霊を必要とします。そして上位精霊とはめったに出会えません」
「そ、それならどうすればファイアストームを撃てるんですか?」
「炎の上位精霊と出会うなら、神の心臓にでも行けばいいんじゃないですか?そこなら居るでしょうね。たぶん」

 ……一二三ん、大ショック。開いた口が塞がらない。

 僕は高レベルのシャーマン使った事ないから、高位魔法に上位精霊が必要とか、そんなの考えてもみませんでした。でもそうなるとシャーマンの高レベル魔法って、ほとんど死にスキルですよね。

 し、しまった。シャーマンでなくソーサラーの方が良かったか。
 僕がそう嘆いた所に、GMの追い打ちがかかってきました。

「みなさん、PC作成お疲れ様です。それではシナリオに入っていきます。ちなみに今回はダンジョンアタック物です」

 精霊いないじゃん!



 精霊が無ないダンジョンを根性で乗り切る男、一二三ん。
 魔法の大半が使えなくなりましたが、TRPGで大切なのはセッションが楽しめるかどうかです。だからめげません。

 さてPCの立ち位置ですが、なんとダンジョンに潜って一山当てたらしいです。そんでにわかの成金らしくブイブイ言わせてます。どうやら今までハズレダンジョンばかり潜ってたらしく、高レベルになっても名声は得られなかったようです。

 そんな時、ダンジョンマスターなる者から挑戦状が届きます。
 真の名誉を求めるのなら、我の作ったダンジョンを見事攻略してもよ!
 との事です。

 PCは渡りに船とばかりにダンジョンマスターへ挑みます。

 今回のダンジョンは、全部で三つあります。

 まず本命のダンジョン。
 これはダンジョンマスターが作ったものですが、実はこのダンジョンへ潜る為には二つの証が必要です。

 その証の一つ目がゴーレムマスターの証。
 ゴーレムマスターなる人物が作ったダンジョンを攻略すると貰えます。

 証の二つ目はビーストマスターの証。
 ビーストマスターなる人物が作ったダンジョンを攻略すると貰えます。

 こうして二つの証を貰った後、やっと本命のダンジョンへ挑めるのです。



 ダンジョンの中はリドルとモンスターで一杯でした。逆にトラップはほとんど無かった様に思えます。

 PCは溢れ来る敵をバッタバッタとなぎ倒しますが、さすがに強いです。モンスターLV7位ではオヤツにもなりません。

 ダンジョンの奥にボスが居ます。
 ゴーレムマスターのダンジョンにはアイアンゴーレム。ビーストマスターのダンジョンにはレッサードラゴン。
 戦いましたが、苦戦らしいものは全く無かったです。

 楽勝の原因ですが、おそらく男シャーマンの魔法にあると推測します。

 まず初手にバルキリーブレッシングを全員にかけるのですが、これがえらく強い。その強い原因ですが

――魔法やブレスなどのダメージは、抵抗後のダメージをバルキリーブレッシングから引く

 というmpにあると思います。すなわちブレス撃たれて抵抗したら、抵抗したダメージをバルキリーブレッシングから引くんですね。それじゃとても50点削れない。そして基本バフを掛けてるPCの抵抗を抜くのは至難です。

 なら物理攻撃はどうかというと、前衛は魔法の盾やパリィパリィで武装してます。そうなるとまず当たりません。例えそれが、ドラゴンであっても。

 すなわち物理も魔法もブレスも、冒険者には通用しなかったのです。

 そして攻撃ですが、魔晶石に物を言わせて達成値を上げたバルキリージャベリンが絶大でした。抵抗されても16点は行きます。抜けばもっとです。しかも純エネルギーなんで相手を選びません。

 つ、つよい。男シャーマン強い。
 彼には上位精霊なんていらんやったんや。戦乙女が居ればそれでよかったんや。

 本当にそう思います。



 こうしてゴーレムマスターとビーストマスターも攻略した一行は、ついにダンジョンマスターへ挑みます。

 その迷宮の奥深くいるのは、アーマード・ドラゴンゾンビなるモンスター。先ほど倒したレッサードラゴンとアイアンゴーレムが合体した、恐るべきモンスターです。ドラゴンの火力にゴーレムの防御力。確かモンスターLVは12位だったと思います。

 しかしこのモンスターをもってしても、バルキリーブレッシングを破れませんでした。初代ソードワールドで50点は簡単に出せる数値ではないのです。

 こうして見事ダンジョンを制覇したPCは、莫大な財宝と名誉を手に入れたのでした。
 めでたしめでたし。



 初代ソードワールドを生まれて初めて高レベルで遊びました。楽しかったです。PC作成の時点でワクワクでした。

 んで8月のコンベンションですが、残念な事に公民館が取れませんでした。流れてしまった訳ですが、まぁたまにはね?

 でも9月は取ったので、来月はよろしくお願いします。


【クトゥルフ神話TRPG】 白無垢の母_その2


※注意※
※以下、ネタバレ有り※



※注意※
※以下、ネタバレ有り※


 どえらく長い公式シナリオ「白無垢の母」
 そんなヘビーなシナリオを、もう一回遊びます。

 前日の探索者たちは前のめりで、いえ前のめりがすぎてバットエンドになりました。

 その時起きた惨劇のレポ

 悲しい結末ですが、ガッツリ楽しめたという点ではグッドなTRPGセッションです。

 さて今回はどうなる事やら・・・。



 長いセッションになる事は容易に想像できます。KPの僕は気合いMAXで挑みます。
 んで結末ですが・・・

 それはまだ、この段階では秘密です。
 一体、どうなってしまうのでしょうか・・・・・・?

~エピソード0・探索者達~

 惨劇に挑む探索者の紹介をします。


PL:Tさん
PC:赤月(お母さん役)
性別:男
職業:ジャーナリスト

PL:Mさん
PC:毛利
性別:男
職業:(元)刑事

PL:Yさん
PC:川越
性別:男
職業:教授


(KPの感想)
 堅気の職業が多い。前回の探索者たちとは正反対です。
 ただお堅い職業が多いからと言って、探索もお堅くなるとは限りません。出来れば適度によく動き、しっかりと情報を整理してほしいなと思います。

 ・・・思います。

~エピソード1・楓との出会い~

 今回のシナリオのスタートは日比谷公園から。
 んでそこに居る理由を、それぞれに考えて貰ったんだけど

「たぶん今から飲み会で、その待ち合わせ場所として集まったんだろう」

 という、非常に常識的な設定にしてもらいました。前回のセッションとは偉い違いですね。

 そしてマンホールの下から楓を発見。彼女を迷子として警察に届ける。素晴らしく常識的な対応です。
 その後シナリオの都合上、強制的に楓と同棲する事になります。んでPCの対応ですがその流れに逆らわず

「あ、きっとこういうシナリオなんだ」

 と素早く理解した節があります。だから特に楓の両親を探したりはしませんでした。

 理解はや!

~エピソード2・不定形の軟泥の調査~

 楓に付きまとう泥を調査していくうち、みつかど大学の事を知ります。
 調査の途中で楓の奇妙な行動を目撃しますが「触らぬ何とやらに祟りなし」的な対応をし、特に何事もなく進んでいく感じです。

 でも楓に目を抉られるイベントは楽しかったです。あれはショッキングですよねー。
 どうしようもない運命を受け入れつつ、シナリオは進みます。


~エピソード3・西垣登場~

 今シナリオのターニングポイントとも言えるイベントです。ここからシナリオは、事件の核心へと迫っていきます。

 前回のセッションでは拙い誘導のせいで、西垣がえらく怪しまれました。今回はそんな事の無いよう、出来る限り自然にイベントを発生させます。とは言えここで西垣の悪だくみがバレないと面白くないので、そのさじ加減は難しい所です。

 ともあれ西垣の悪だくみは失敗し、無事に楓を保護します。
 そしてここから、ひさめ党との交渉が始まります。


~エピソード4・ひさめ党との交渉~

 西垣をネットリ尋問してると、西垣の雇い主であるひさめ党から連絡があります。
 楓について話し合いがしたいとの事でした。一応ひさめ党は、友好的な態度で接してきます。

 前回の探索者は即戦闘態勢に入ったのですが、今回は違います。

「事件の概要が分からない・かつひさめ党の情報が無い以上、まだ結論は出せない。それらが分かってから、本格的な結論を出そう」

 という、物凄く……物凄く常識的な判断をしました。

 ああ~同じシナリオをしてるとは思えない。

 だから過度に警戒せず、相手の用意したホテルで会合をします。(PLはひさめ党を怪しいと思ってますが、探索者がまだその情報を手に入れてない以上、下手に敵対するのは不自然かつまずいと思ったようです)

 んで探索者の対応は紳士だったので、ひさめ党も相応に友好的でした。
 なんかいい流れが来てるな~と思うGMです。


~エピソード5・楓の状態が悪化~

 徐々に楓の状態が悪化していきます。
 奇妙な言動が目立ち、探索者を混乱させます。

 さて治療法……と考えるのですが、どうも今一ピンときません。でも何となくひさめ党の言う事は信用できないので、ひさめ党が言った事の逆をしてる感じですかね。

 重要なキーワードは楓の自我。これに注目しつつ、色々試してる感じです。

 と言う訳で前回あれほど大騒動を巻き起こしたパートですが、今回はそうでもなかったです。泣いて怯える楓をプールに叩き込む真似もしません。ええしませんとも。


~エピソード6・台風襲来~

 いよいよシナリオも終盤。東京に巨大台風がやってきます。
 楓はクトーニアンの繭を守るために、日比谷公園の地下まで行きます。

 日比谷公園の地下に行くまでの途中に、探索者はある決断をします。それは楓に

「付いて来てるひさめ党の一味を全員殺害してほしい」

 というお願いをする事です。ここにきて探索者は決戦が近いことを感じ取り、怪しいひさめ党を排除する事にしました。

 こうしてひさめ党を除外し、クトーニアンの繭まで無事に来れましたが……

 探索者は邪神が眠る繭に対して
 どのような決断を下すのでしょうか?

 まぁ普通に考えたら破壊ですね。楓もひさめ党も繭を破壊するなと警告してますが、それを素直に聞くのもどうかなと思います。

 でも繭を破壊したらバッドエンドです。クトーニアンは怒り狂い、東京を壊滅させます。そしてそれは、前回のセッションで起こってしまった事です。

 だから今回はですね、もっと露骨に誘導をしました。(あくまでNPCの言葉を借りてです。KPからのぶっちゃける意味ではありません)

 そのかいあってか探索者は、繭を楓に任せます。こんなはた迷惑な邪神なんて殺せるうちに殺しとけよと思いますが、それはそれ。ああ、信じ合うって美しいですね。

 てな訳で繭を手にした一行は、無事に地下から脱出します。そして楓の記憶も戻り、無事ハッピーエンド。

 はい、ハッピーエンドです!!
 やったー!



 今回はハッピーエンドです。
 んでバットエンドだった前回との違いは何だったのでしょうか?

 もちろんKPの慣れ、PLの冷静さなど色々ありますが、僕が一番思うにそれは

「どこまでメタ読みするか。そしてメタ読みしたうえで、本当にメタい行動するのか」

 ではないかと思います。

 前回のシナリオでは

・楓をプールに叩き込め!
・楓の両親を見つけてラスボス認定、ぶっころせ
・ひさめ党と接触して臨戦態勢、ぶっころせ

 など楽しい行動を多々してくれました。

 気持ちはわかります。例えばひさめ党はあやしいですよね。信用できませんよね。
 ただ現時点では、その情報は無いですよね。

 その時どう行動するかは、PLの経験と腕にかかってると思います。その違いが、両パーティーの結末を分けたのではないでしょうか?

 ただ今ある情報だけで処理しようとすると、シナリオが詰まってしまう事もあるのですね。その辺のさじ加減、難しいですよねー。



 とまぁ色々言ってみましたが、そんなのTRPGで一番大切なルールの前ではどうでも良いのです。


~みんなTRPGを楽しめたか~



 これに尽きます。バッドエンドだろうがハッピーエンドだろうが、そんな結末は二の次。ああまたこのメンバーと遊びたいなと感じれば、それは究極のハッピーエンドなのです。

 ハッピー!ハッピー!
 最高です!


おしまい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。