TRPG・その他 > ハーンマスター・及びハーンワールドの紹介

ハーンマスター・及びハーンワールドの紹介

 ハーンマスターとは何ぞや?↓



 待望のハーンワールド専用システムがついに登場!精密な設定を誇るハーン世界を舞台にした冒険を十二分に満喫できる専用ゲームシステム、それが『ハーンマスター』だ。
 キャラクターは種族や職業はもちろん、誕生日や出生地、社会身分、家族構成、縁故、身長、体重、体型まで決定されます。そして老化までも。そして豊富な種類の技能が大きな特徴になっている。
 『ハーンマスター』は本格派ファンタジーTRPGとしてクラシカルな流れを汲みつつ、『ハーンワールド』と組み合わせることで、より深いキャンペーンゲームを楽しみことができるようになっている。

 公式HP



 そんなに長くない説明文ですが、上記には僕の琴線に触れる単語が、多く含まれてます。
 精密な設定、本格ファンタジー、クラシカル・・・いい言葉ばかりですね。ちょっと心拍数が上がりました。

 しかし本当にすごい売り文句は、この文に書かれていません。少なくても私は、そう思ってます。
 僕がこのルルブを購入しようと決めたのは、以下の事実を知ったからです。

 【ハーンワールド】という世界は
 カナダ在住のオッサンが
 30年間、ひたすらに

 た だ ひ た す ら に

 綿密にじっくりと作り上げた
 中世ファンタジーである


 ・・・これね、初めて知ったときは、全身に震えが走りましたよ。

「こりゃすげぇ、何だかよく分からないが、とにかくすげぇ」

 あまりの衝撃に、二の句がつけられませんでした。少し意識を失ってた気もします。

 ともかく世の中には、色々なTRPGがあります。それこそ日本では、結構な頻度で新作TRPGが出てます。
 しかしハーンマスターに変わるTRPGは、そうそう無いのではないでしょうか?

 それもその筈、新作TRPGの売り文句ですが

・独特のシステムを使用し、自分だけのPCが作れる
・初心者でも手軽に楽しくプレイ可能
・他には無い独特の世界観。美しい世界と、悲劇に翻弄される人々。
・さ ぁ 、ふ る え る が よ い

 上記のような売り文句は至る所で散乱しており、作品事の区別がつかなくなっております。(まるで健康食品の宣伝みたいですね)
 そりゃ遊んでみれば違いはあるでしょうが、そんなに遊べるわけも無く、少なくても僕の脳では「また似たようなのが発売されたなぁ」としか思えないのです。

 しかし、しかしですよ。
 数あるTRPGの中に・・・あんな売り文句、幾つ存在しますか?

 この未知の遭遇を表現するため、僕は一句詠みました。

 オッサンの 30年分の 空想が
 ミッシリ詰まった、夢のTRPG


 詠んで、思います。
 そんなん卑怯やん・・・絶対買うしかないやん・・・



140701_220918.jpg

 という訳で買いました。
 最初に買ったのはハーンマスターでなく、設定資料のハーンワールドの方です。

 30年分の空想と言っても、作者が好き勝手・総合性無視で作った訳ではありません。ハーンワールドとても精密に作られおり、本当に実在するかのようです。

 空想=妄想と言われたらそれまでですが、僕は断言します。
 これは、良い妄想の類です。僕のしている蛆虫みたいな妄想とは、訳が違います。

 このTRPGは、ハーン島というイギリスをモチーフにした島を、舞台にしてます。んで色々と細かい設定が作られてるらしいんですが、僕が一番びっくりしたのは、ハーン島をより綿密に作るために、同時に他の国や大陸を作ってるところです。

 聞いた話で恐縮ですが・・・
 海に囲まれた島国と言っても、外国の文化の影響を受けることは必至であるから、同時に他の国を作らないとリアリティーが無くなる。すなわちハーン島をよりリアルにするために、他国を作った。また海流や風の向きは貿易に影響を与えるので、それも作らないといけない。そもそも大陸は島国と違い、内地に行けば行くほど湿気を含んだ海風が入らなくなるので、砂漠が多くなる・・・

 みたいな事を、ビッシリと作ってるらしいです。30年かけて。

140701_220945.jpg

 上の事を知って、僕は思いました。 
 そんなん卑怯やん・・・遊んでみるしかないやん・・・



 という訳で、オンセで遊んでもらいました。そのレポは、また次回。

 単発シナリオ『ハンドホルトの雌鶏』
 乞うご期待!


【追記】
ハーンワールドの説明は、出来るだけ正確に書いてます。
書いてますが、僕の思い込み、勘違い、蛆虫のような妄想のせいで、多少違うかもしれません。

その場合は遠慮なく、僕に指摘してください。指摘すると僕が喜びます。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
FC2ブログ