ミニチュアゲーム > 【ホビット】初めてのゲーム

【ホビット】初めてのゲーム

 8月の末、久しぶりに佐賀県のOさんと会う事になりました。僕が勝手に【万札のサガ】とか変なあだ名をつけてる人ですね。
 彼と僕とはミニチュアゲーム仲間です。過去に一回だけTRPGで遊んだ事もありますがそれ位ですね。→その記事

 んで彼は、アンデットのミニチュアが好きなのです。だから僕は

「今日はFBのナガッシュの発売日だから、それ目当てで来たんだろうな~」

 とか思ってたんですよ。しかしOさんは、普通にホビットで遊んでました。

140830_153606.jpg

 人間の国々と堕落せし国々の戦いです。
 堕落の国々のロード【The Golden King of Harad】が大暴れして、人間の国々は敗北します。むむ、これは中つ国のピンチ。

 という訳で僕も、急遽ホビットのゲームに参加しました。
 そうです、僕がサウロンの野望を砕き、中つ国を救うのです!



 Oさんにゲームの手ほどきを受けながら、慣れぬ手でミニチュアを動かします。
 ホビットもGW製のゲームなので「さぞかし濃いんだろうなぁ」と思ってたのですが、いやいやこれシンプルで面白いです。

 どういう風にシンプルなのか?
 簡単にですが、FBと比べてみたいと思います。

 例えば接敵ですね。FBなら突撃フェイズに敵ユニットを指定しますが、ホビットはそうではありません。移動フェイズ中に敵ユニットへ接触すればいいだけです。

 んで接近戦の処理もシンプルです。いえシンプルだけでなく、とても合理的です。

 ホビットは敏の順番に攻撃しあうのではなく、両者がダイスを振り【主導権?】を取り合います。んで主導権を握った方が、一方的に攻撃できるのです。

 主導権を得るには単純に高い目を出せばいいのですが、これは人数分だけダイスを振るので、数の多いほうがとても有利になります。(ダイスの合計を足すのでなく、一番高い目を採用する)
 屈強なドワーフの重戦士でも3体のゴブリンと戦えば、主導権を得るのは難しく一方的に攻撃を食らいます(もちろん簡単にダメージは通らないでしょうが)

 主導権をとったユニットは、ダメージロールに進みます。(ヒットロールじゃないですよ、ダメージロールです)ダメージロールに成功すれば、敵ユニット撃破です。セーヴィングとかありません。

 戦闘フェイズが終われば、各ユニットは離れます。(←ここ大事

 そうです!ホビットは戦闘フェイズが終わると、接近戦を行ってたユニットが離れるのです。これで常にユニットが動き回るので、盤面が激しく変化していきます。
 同じGWのミニチュアゲームでも、FBとホビットを比べると、相撲とボクシング位違いがある・・・と思います。

~つまりどういう事かというと・・・~

≪FBの接近戦≫
①.ヒットロール ②.ダメージロール ③.各種様々なセーヴィング
 上の行動を敏捷度順に解決していく。敵味方合わせると、かなりの時間がかかる。そして大半の場合は戦闘が継続する。

≪ホビットの接近戦≫
①.主導権?を取る ②.主導権を取ったプレイヤーのみ、ダメージロールを行う
 攻撃できるのが一方のみでサクサク。そして接近戦をしているユニットは離れる。

 ・・・てな感じですね。ちなみにですが『FBは処理に時間がかかる=駄目』という訳ではないですよ、念のため。
 ただホビットの処理の早さに、軽い感動を覚えただけです。



 ・・・長々とゲームの説明をしましたが、まだチュートリアルで一度遊んだだけの知識です。(間違ってる箇所があったらごめんなさい)

 ともかく僕はゲームをしたその日の夜に、ホビットのデカルルブを注文しました。ルルブが届くまで結構間があるので、その間にトーリン一行のミニチュアをペイントします。


140902_164059.jpg
 Oさんに頂いたありがたいミニチュア。アンダーを吹きます。


140903_191435.jpg
 ミニチュアの出来はいいですね。ただペイント例の載ってる箱等はないので、どの色を塗ればいいのかよく分かりません。


45d2f3247a752ec648cb5bdc241f0070.jpg
 だからネットで探しました。しかしこのドワーフ達、茶色の服ばかりですね。髪と髭の色さえ間違わなければ、それっぽく出来るんじゃないかと思ってます。

 という訳でルルブが届くまでの間、しばらくはドワーフ三昧な日々が続きそうです。

 
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する