クトゥルフ神話TRPG > 【クトゥルフ神話TRPG】 Paranormal Activity

【クトゥルフ神話TRPG】 Paranormal Activity

 ニエの血筋 → コンクリート・フィーバー! と続いたキャンペーンですが、今作のParanormal Activityで終了。ラストは極悪な難易度とそれに匹敵する豪華な報酬で、締めに相応しい物に仕上げました。

 これも前作と同様に、リメイク作品であります。シナリオを作る時は(普段は使わない)知恵を振り絞って作るわけですが、プレイ後に荒い所が目立つんですね。

 もちろんこちらは未完成品を出すつもりはまるでないんですが、やっぱり何と言うか、脳内リプレイのお粗末さと言うか、必ずプレイ後に改善点が見つかります。そんな時は良い機会なので、追加や修正をちょくちょくと入れます。

 逆に言うと、最初から完璧なシナリオを作ろうと意気込むと、一向に出来上がらないと思います。何と言うか、キリがない作業に入ってしまうんですね。何事にも1人でする事には限度があるので、ある程度の妥協が無いと、構想だけの未完成品のシナリオが増えていく事になります。おお怖い怖い。



 んで怖いシナリオですが、締めに相応くエゲツナイ正気度テストを山盛りで用意してます。探索者達の正気度は4~6割程度なので、かなり悲惨な事になると思います。

 なると、思ったんですが・・・。いやサイコロの神様と言うのは、分からないものですね。探索者の出目が良すぎで、だれも発狂せずにエンディングを迎えました。序盤は勿論、ラストは正気度テスト<0/1d8>を連続で4つ位仕込んだのですが、誰も何ともありませんでした。いやいやこりゃ参った。

 んで「もっときつめに行っても大丈夫なんじゃないかな?」とか思っちゃうと、事故が起きちゃうんですね。ええ分かります。シナリオの難易度は、あくまでダイスの平均値を計算して行うべきでしょう。

 2d6の平均値は7だし、50%以下が出る可能性は1/2。
 当たり前じゃないですか、子供にだって出来る計算ですよ。
 ねぇ。


 ねぇ。



 と言う訳で、とても楽しいセッションになりました。一緒に遊んだ皆さん、ありがとです。

 また次回もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
FC2ブログ