ミニチュアゲーム > WHFB > 【WHFB】沖縄ハンマーのカネちゃんが来たよ♪

【WHFB】沖縄ハンマーのカネちゃんが来たよ♪

 カネちゃんはミニチュアゲームの人なので、早速WHFBでお相手します。
 僕達が用意した対戦相手はマイクさんです。マイクさんは2015年北Qトーナメントの優勝者なので、きっと手応えのあるゲームになるでしょう。そのマイクさんが使用するアーミーはDWです。


150524_130844.jpg

DW3000P VS LiZ3000P
シナリオ:1

 ドワーフはウォーマシン・重装歩兵・ジャイロコプターの編成で、思った以上に射撃ユニットが多くありません。というかクォレラー、サンダラーは0です。

 やはり最後で物を言うのは接近戦という考え方なのでしょうか?確かに僕は、射撃ユニットが死にかけのエリート歩兵で蹂躙された様を、何度か見てます。
 どの編成が良いとは分かりませんが、接近戦に強いと安定はするんですよね。(搦め手は少なくなりますが)



 と言う訳でゲーム開始。
 DWのキャノンが火を噴き、Lizのモンスターが撃破されます。悲しいですが、DW相手ならこれは想定済みという所でしょう。

 Lizは接近戦に行こうとしてたのですが、DWが憎悪を持ってるので、スランの魔法で応戦します。ユニットの全体攻撃はなかなか強力で、ガッツリロングベアードが倒れていきます。

 こうして戦場の中間地帯が空白になり、火薬と魔法の応戦が始まります。DWのウォーマシンもLiZの魔法も、ユニットの兵数を減らしても、撃破までは行きません。お互いにこれぞというポイントを取れないまま、時間が過ぎていきました。

 ここでDW、待ち構えるのを止めて進軍を開始します。LiZは後退を始めますが、後方のジャイロコプターが邪魔をして後退できません。そして最後はDWに捕まり、憎悪の一撃を食らう事になります。

 憎悪付いたDWは強い。単純な接近戦能力なら(ポイント差も考慮して)WoCを上回ると思います。

 てな訳で怒りのハンマラーがスランを撃破して、勝負は付きました。
 両者ともお疲れ様でした。とても見ごたえのあるゲームでした。



 今度は僕と宮尾さんがカネちゃんとゲーム・・・しようと思ったのですが、体力的な意味合いもあり、僕と宮尾さんがゲームする事になりました。(やっぱ3,000Pは疲れるみたい)

Ska1500 VS WE1500
シナリオ:1

 このロスターは、僕と宮尾さんがタッグを組んでカネチャンに対戦しようとしたロスターです。ただし事前の調整はしてないので、両者好き勝手にしてますが。

 てな訳でゲーム開始。
 んでいきなりですが、僕は1R目の射撃フェイズ終了時に「勝った」と思いました。

 何故なら30体近いグレィドガード(コア枠全て)に、ドゥームロケットが直撃したからです。
 想像してみて下さい。耐3・20mmベースに、攻5・テンプレート大が直撃する様を。悲惨の一言に尽きます。そして小ポイントのゲームなので、痛手のリカバリーが難しいんですね。

 入れてて良かったドゥームロケット。あたってよかったドゥームロケット。
 今回はそんなゲーム。


150524_183958.jpg

 ただプレーグファーネスが弓で撃破されたりと、こちらも苦しい場面があり、そんなに一方的なゲームではありませんでした。プレーグファーネスは耐6あるとは言えASがありませんから、弱い攻撃でも撃破されたりするんですよね。

 最後まで勇敢に戦い続けた宮尾さんには敬礼!



 そんな訳で、カネちゃんをお迎えしてのWHFBは終わりました。
 ゲームを見たり遊んだりの、とても大満足な一日でした。

 WHFB新版の噂に一喜一憂しつつ、修槌会と沖縄ハンマーは今後とも末永くお付き合いしていきたいですね。


おしまい
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する