ミニチュアゲーム > アーミーペインターのクイックシェイドを使ってみた

アーミーペインターのクイックシェイドを使ってみた

 さて巷ではエイジ・オブ・シグマーなる、新しいウォーハンマーのミニチュアゲームが発売されました。新発売で良い感じに盛り上がってますが、僕には懸念すべき問題が一つあるのです。

 ・・・積んだミニチュアを片付けてない。

 このまま行けばですよ、たぶん手付かずのミニチュアは、一生手付かずになってしまうと思います。売る方としては大歓迎かもしれませんが、買った僕としては悲しい寂しいもったいないです。

 そんな訳で、大量のミニチュアをサクっとペイント出来る方法はないかと探してました。

 んで見つけました。
 アーミーペインターのクイックシェイドなる塗料を見つけました。

 これリングテイルの片隅に売れずに何ヶ月も置かれてあり、存在自体は知ってたのです。んでエイジ・オブ・シグマーの為に急遽購入しました。


150626_000852.jpg

 色の濃さは真ん中のを選びました。GWで言う所の、アースシェイド位の濃さに当たるのでしょうか?(適当)
 てな訳でさっそくやってみました。ベタ塗りを済ませたスケイブンを、さっそく塗料の中にドボンします。

 しかし、ただドボンする訳じゃありません。今回はよりスピーディーにするため、新兵器を用意しました。


150727_154656.jpg

 それは電動ドリルです。僕は個人的に、この電動工具が好きで好き仕方ありません。


150727_154554.jpg

 これをベースの裏に付けた磁石とくっつけます。(磁石をつけてないなら両面テープで代用できます)
 そのままクイックシェイドの中につけて、後は


150727_154758.jpg

 ギュイーンとドリルを回せばOK。



 こんな感じで何体かやってみました。で、それを並べてみたのですが・・・


150626_000722.jpg

 ・・・ん?

 何か、テカってませんか?


150626_000812.jpg

 いやこれ完全にテカってます。まるで光沢スプレーかけたみたいになってます。

 と言う訳でクイックシェイドはお手軽で便利ですが、ミニチュアに光沢をつけると言う謎の仕様になってます。これはちょっと残念ですね。


150727_154454.jpg

 と言う訳でクイックシェイドを使うのなら、つや消し・半光沢のトップコートは欠かせません。これを吹けば光沢が消えて、とても良い感じになります。



 そんな訳で、まだ封も開けてないエイジ・オブ・シグマーのスターターを見ながら、ちょくちょくとミニチュアの在庫を片付けてます。さて、何時になったら封があけられるのか・・・。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する