ソードワールド2.0 > 【sw2.0】 蛮族フレンズ

【sw2.0】 蛮族フレンズ

 長い出張も終わり、やっとこさ大分に帰ってきました。
 帰ってきたら早速、何時ものメンバーとTRPGします。久々のオフセに心が躍る。

 システムはSW2.0。GMは僕。
 PCはルルブ記載にある 【高レベルPCの作成(平均LV7~8)】 を使用します。流石に初期作成PCはもう十分かな?って位遊んだので。

 以下PC紹介です。※少しあやふやな所があります。

PC名:アドルフ
種族:ナイトメア
技能:ファイター、フェアリーテイマー
特技:メイス習熟、魔力撃、頑健、マルチアクション

PC名:ニコルソン
種族:ミアキス
技能:グラップラー、スカウト
特技:両手利き、二刀流、非金属習熟、頑健

PC名:ギルバード
種族:エルフ
技能:ソーサラー、シャーマン、セージ
特技:魔法拡大:数、魔法収束、魔法誘導、魔法制御

PC名:シャーリー
種族:バルキリー
技能:プリースト(フェトル)、ファイター
特技:魔法拡大:数、MP軽減、頑健、盾習熟(確か)

PC名:ユーフェリア
種族:ルーンフォーク
技能:マギテック、シューター
特技:精密射撃、(あと忘れた)


 このパーティーですが、なんと人間が居ません。でも僕らのセッションでは、それが当たり前になりつつあります。ここら辺は旧SWを遊びつくした人間の性なのかもしれませんね。

 2.0で人間はえらく強いんですけど。いえ分かっちゃいるんですけど。



 最近はとある動物アニメにはまってるんで、そんなノリでシナリオを作りました。

 シナリオ名は 【蛮族フレンズ】 
 すっごいー!あなたは人族の心臓を食べるのが得意なんだね!私も頑張っちゃうよ!

 ってな感じのシナリオです。なおこれは蛮族シナリオでなく、ごく普通の人族シナリオです。

 そんな訳でいきなり合戦が始まります。導入は強制型で、PCは傭兵としてルキスラに雇われてます。んで蛮族と戦ってます。

 そんで今日こそは憎い蛮族との雌雄を決する日。さぁ皆の者武器を打ち鳴らせ、戦え、栄光の勝利は目の前だ。ってな感じ。

 矢弦が鳴り響き、空を覆いつくすほどの矢が飛来します。長槍が前面に押し出され、槍衾が蛮族の進軍を阻みます。ガンが、魔法が、血が飛び散ります。

 PCは強いです、高レベル帯です。ですからPCの周りには、蛮族の死体が積み重なります。

 だが敵軍も然る者。かの一団の中に、人族など鎧袖一触・鼻息一つで吹き飛ばす剛の者達が居ます。
 その名も赤竜鉄角重装歩兵団。
 ドレイクを大将とし、重装のミノタウロスを率いる恐るべき軍団です。低レベルの人族なんて相手になりません。

 ですからその軍団がPCと戦うのは、必然なのです。

□竜形態のドレイク×1
□ミノタウロス×4

 これが初エネミー。PC頑張ってね。魔法使う敵居ないから、楽勝だよね?(正直ドレイクの魔法はフレーバーだと思ってる)

 じゃあ先制判定どうぞ……ってとこで、何とピンゾロが出てしまいました。アッハッハ!こりゃやっちゃいましたなぁ。なーに、これは楽しいハプニングですよ。

 ですよ……。
 僕の顔は青ざめました。

 PCの前衛は3体。つまり6部位の敵しか止められません。
 それは竜形態ドレイク1体とミノタウロス3体しか止められないのです。

 あれ?ミノタウロスが1体、後衛に行っちゃったぞ。

「あれ、あれれ……」

 ええとマッスルベアーで薙ぎ払い2回したら……
 これ後衛潰れるよね。

「あば、あばばば」

 やべぇ、いきなり事故った。

「と、とりあえず前衛から処理しますね」

 困った事は後回し。これが僕のスタイル。

 前衛の処理ですが、ドレイクの三回攻撃、ミノタウロスの全力攻撃2回。これはちょっとシャレにならない破壊力です。
 これをバフのかかってないPCはガンガン貰います。いきなり全員死に体。

 んで後衛ですよ……。どう考えたってミノタウロスの2回攻撃を耐えられません。
 僕は確信しました。これ敗北です。全滅です。

 じゃあ皆さん、手元にあるキャラシはポイして、新しくPCを作りましょうかね~(笑顔)



 ってな事はまずいんで、ここで援軍が入ります。凄腕の傭兵LV5が突然現れ、後衛へ向かうミノタウロスの足止めをしたのです。(やだかっこいい///)
 全力攻撃2回食らって死にそうでしたが、何とか足止めは果たしました。

 その後はずっとPCのターン。
 まずソーサラーのスリープ4倍掛けが決まり、ミノタウロスが全員寝てしまいます。
 プリーストはキュアハートを全員に掛け、フェアリーテイマーはウィルオーウィプスを召喚し、これまた回復魔法を全員にかけます。これで前衛は復活。

 後はもう殴れ撃てファイアボールだので、最初の苦戦が嘘のように敵を撃破します。

 つ、つよい……。



 このパーティー本当に強いです。

 何が強いかと言うと、まずフェルトのサンダーウェポンがくっそ強い。正直この魔法舐めてました。

①.サンダーウェポンがグラップラーにかかる。

②.先手取ったグラップラー(パワーリスト装備)がファストアクションで6回攻撃。もちろん鎧貫き。

③.鎧貫きがCL8で発動。それと6回攻撃すべてに+5ダメージ上乗せ。

④.相手ボコボコで死ぬ。

 効果時間は1Rだけですが、グラップラーとの相性は非常によく、瞬間火力はこのLV帯ではトップクラスです。(これに匹敵するのは二刀流ショットガンバレットぐらいでしょうか?)

 またフェアリーテイマーのサモンフェアリーも強力でした。ウィプスの回復魔法が強力なのはもちろん、それ以上に強力なのがムリアンの群れです。

「何々、この魔物を含む乱戦エリアを対象とする場合、精密射撃、魔法誘導、魔法制御はその効果を失う……?」

 ↑簡単に書いてるけど、これはえらい事ですよ。 すなわち後衛の能力が根こそぎ取られるようなもんです。援護が誤射しまくり魔法巻き込みまくりって、もう敵か味方か分かりません。

 よーし敵ボスはファイアーボール魔法制御で大暴れするぞー!って用意してきたのに、これが出来なくなった時の悲しさ、恐怖。それは筆舌に尽くし難いものがあります。

 強い、このパーティー間違いなく強い。
 でも先制判定に失敗したら死ぬ。

 ……このゲームバランス、何とかならないんですね?



 先手を取れば必勝のパーティーは余裕綽々でボスを撃破。そのあまりの勝ちっぷりのせいか、なんと50人近い部下が出来てしまいます。

 僕は今後のシナリオの構想を立てます。このまま部下を率いて戦場を練り歩こうかな?そんでどんどん手柄を立てて出世していくのも面白そう。でもそれって冒険者なのかな……?

 と疑問は尽きないですが、何やともあれ楽しんでTRPGして行こうと思います。PCは使い続けて何ぼですよね。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
FC2ブログ