ソードワールド2.0 > 【sw2.0】 大いなる遺産

【sw2.0】 大いなる遺産

 TRPGでキャンペーンをするのは何年ぶりだろう?キャンペーンには単発にはない良さがある。そんな事を思ってる一二三んです。

 前回のシナリオでウォーハンマーチックなシナリオをクリアし、新たな冒険に身を投じる冒険者一行。今度のシナリオは、貴族の相続を巡る陰謀ドロドロなシナリオです。

 ザイアの聖騎士パトリックを信奉する騎士見習いのクルト。何と彼は、良いところの貴族の長子だったという。
 ここでPCに疑問が浮かぶ。長子?なぜ貴族の長子が僧籍へ入るのだ?もしかしてクルトは女だったのか?じっくりと観察してみたが、いやいやそう言うわけではなさそうである。

 パトリックの話によれば、クルトの家は厄介事を抱えてるらしい。何でも実母が無くなった後に来た継母が

「私の子の方が立派な跡継ぎになります。あのクルトを追い出して下さい。ヨヨヨ」

 と泣き出し、旦那がそれを認めてしまったのだ。

 無茶な言い分だが、クルトの父は私生活甘いスキャンダルな男だった。色香の漂う若い継母に対して、あまりにも無防備だった。外面は継母に対し威張っていても、実際は体よく使われてた。そしてクルトを家から追い出した。
 とはいえ、何の落ち度もないクルトを追い出すのは体面が良くない。なので修行をさせるという名目をとった。だが出家させて僧籍へ入れるというのは、事実上の絶縁である。

 このまま継母の子が家を継ぐと思ったが、そうはさせないとする勢力があった。PCは、その勢力と接触することになる……



 というシナリオ。はい、遺産相続なシナリオですね。もうキャンペーンも五回やってますが、このシナリオは最初から頭に入れてました。んでこのシナリオのために4回に渡って伏 線を張り続け、関係あるPCを出演させ続けました。クルトの正体についても、それとなく演出してました。(ちなみに最初は元気で明るい子だったが、前回のシナリオから徐々に頭ハッピーセットな子になっていった)

 それはともかく、PCは今回も命がけの戦闘をすることになります。

 初戦の敵はベラドンナLV12です。もちろん単体ではありません。4体出てきます。
 LV12。2部位の敵四体。しかも一体が欠片要り。これは楽しい戦闘になりそうです。

 しかし今回はシナリオの都合上、敵のデータが事前に分かる仕組みになってます。(数までわかりません)んでですよ、敵データを知ったPLは作戦を練り始めるのですが……

PL「強い。2体でギリギリだろう。3体なら全滅だ」
GM「」

 え、マジっすか。

PL「敵は魔法も射撃攻撃もないが、この毒は死ねる。今のレベル帯では悪夢のような敵だ」
GM「……」

 自分ではバランスのいい戦闘だと思い持ってきたのだが、思いきりPLに拒否られてしまう。
 そして段々ビビり始める。

(全滅はないと思うけど、いやでもまさか……)

 ビビって悩んだ結果、戦闘バランスを優しくしてしまいました。最初の予定では敵との距離10M開始だったけど、急遽PCにダイスを振ってもらい18Mになったのです。敵の移動距離が15Mなので、PCは1Rの猶予が与えられたことになります。

 そうするともうね、勝負になりませんでした。敵は弱くありませんが、ファイアボールとショットガンバレットを2R食らえばボロボロになります。何とかたどり着いた敵も、しっかりとバフの掛かったPCには太刀打ちできません。

 こうしてあっさりと勝負はつきました。

(ぐ、何たること。まんまとPLの盤外戦術にやられてしまった。もうちょっと気持ちを強く持つべきだった)

 と悩んでも後の祭り。何を言われても、最後に決断したのはGMなので、その責任はGMにあります。だからさっさと気持ちを切り替えます。

(くくく……やるではないか。だがベラドンナは今回のシナリオでは最弱の敵。ラストに用意した敵は、こんなものではないぞ)

 と脳内で悪の幹部ごっこをしながら、セッションを進めます。しかしPCはベラドンナ4体で勝てないと言ってたけど、これボス戦始まったら卒倒するんじゃないだろうか……



 今回はそんな楽しいセッションでした。一緒に遊んだみなさん、ありがとうございます。

 さてボス戦ですが、その敵データを見た瞬間PLは一言も喋らなくなりました。嗚呼やっちまったと思う反面、うひひ楽しいな~という気持ちもあります。戦闘には常に緊張感、これは互いを知ってる顔馴染み同士でなければ出来ない遊び方です。(初対面や初心者にやってはいけません)

 と、緊張感をもって始まった戦闘ですが、以外にあっけなく終わってしまいます。ボスは能力値こそ高いですが、魔法攻撃を持ってません。だから攻撃ダメージは計算しやすく、PCは安心して戦えます。

 こうして無事敵を撃破したPCは、ルキスラの深い闇に踏み込むことになります。頑張れPC、GMも公式NPCを何人か殺すつもりでシナリオ組んでるので、思いっきりやってください。

おしまい
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する