ソードワールド2.0 > アレスタ海の決戦 前編

アレスタ海の決戦 前編

 キャンペーン七回目。そろそろキャンペーンも大詰めに入ってます。

 PCは前回のシナリオで、海賊団カサートと蛮族が結託してる証拠を見つけました。途中で色々とありましたが、ちゃんとシナリオはクリアしてます。
 証拠が見つかると、貴族の家乗っ取りを企んだ継母一行は夜逃げ同然で帝都から退散。その結果、裁判は長子のクルトが勝利します。すなわちそれは、PCの勝利でもある。この時点で依頼達成なので、経験点と報酬が入ります。セッション開始から0分で経験点と報酬を手に入れ、PCはホックホク。

 もちろんまだ冒険は続きます。(流石にこれで終了無いです)
 どんな冒険かというと、まずPCの元に依頼が入ります。依頼主はルキスラ帝国からで、内容は海賊団カサートの討伐です。PCは傭兵団を率いて、合戦へ向きます。

 その討伐に至るまで色々とストーリーや決断があったのですが、それはカットします。超カット。んで戦闘の内容だけ、ダイジェストでお伝えします。

 ~一回戦~
オーガバーサーカーLV11×3
ダークトロールアデプトLV10×2

 PCLVが9~10なので、この程度のエネミーならオヤツです。しかも敵は攻撃方法は白兵メインなので、このレベル帯では弱い部類に入ると思います。

 それじゃ肩慣らしに軽く戦闘……と思って開始した訳ですが、ここでまさかの全滅のピンチを迎えます。いや本当に。今まで強敵を倒してたPC達が、信じられないけど簡単にピンチに陥ります。

 それは何故か?またPCが裏切ってしまったのか?いえいえ、そう言う訳ではありません。ただ単純に、先制判定に失敗したからです。

 この先制判定というシステム。SW2.0において、戦闘の勝敗を分ける最も重要な部分であります。これが成功するとしないとでは、戦闘の難易度が大きく変わります。いやもうこの判定が戦闘の勝敗そのものを決めてると言っても過言ではありません。高レベル帯においては、特に。

 今回の戦闘でも先制判定における凶悪さと理不尽さが、存分に発揮されました。普段なら大した事のないオーガバーサーカーの攻撃も、ダークトロールのバフを貰えば別物です。命中が一気に+4されて、攻撃が面白いように当たります。
 そうなると味方の前衛はボロボロ、プリーストは回復をしざるを得ません。このバフを諦めて回復するというのが、非常に厄介なのです。プリーストのバフはとても強力で、これが有ると無いとでは戦闘の難易度が大きく変わります。
 それ以外にもファストアクションが行えない、敵の一斉攻撃がエゲツ無いなど多数の理由がありますが、とにかく凶悪で理不尽です。もうだめぽ。

 そんな敗北寸前のPC一行ですが、とある方法で一気に逆転をします。
 さてその方法とは?

 答えはスリープの魔法。これを 拡大/数&鷹の眼 で敵全員にぶっ放したのです。敵5名中4名が寝てしまい、戦況は一気に覆ります。2.0では寝てる味方を起こすのは主動作を使わなければならないので、一度寝てしまえばなかなか起きません。

 このあまりにも華麗で悪魔じみた逆転劇に、僕たち修槌会ではとある協定を交わしました。

――修槌会では特別な場合を除いて、戦闘時におけるスリープの魔法を禁止とする。

 初手スリープが決まれば戦闘は終わり。それなら他のPLの活躍は?
 もちろんある訳ありません。

 それなら、スリープが効かない敵ばかりを出せばいいのか?アンデットや魔法生物とか。
 そんなシナリオの幅を狭める選択は出来ません。

 じゃあ、どうすればいい。どうすれば……?

Q.敵が全員赤の眼鏡を付けるは?
A.それは嫌な絵面ですね。
Q.なら敵が全員目覚ましのドラを持つのは?
A.輪をかけて嫌な絵面ですね。
Q.じゃあいっそのこと、みんな赤い眼鏡と目覚ましのドラを持てばいいんじゃないかな?
A.それただの楽しい人。

 というやり取りの末、僕達は改めてスリープの魔法の凶悪さを確認したのでした。

次回に続く
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
FC2ブログ