クトゥルフ神話TRPG > 【クトゥルフ神話TRPG】 犬神憑き 【アカシック13】

【クトゥルフ神話TRPG】 犬神憑き 【アカシック13】

 クトゥルフのセッションって戦闘少なめだからが、探索が斜めの方向に進まない限り短時間で終わるんですね。だから一日二回遊ぶのも、何ら難しくありません。

 と言う訳で、キャラ引継ぎで別のシナリオを遊びます。シナリオ名は犬神付き。最近発売されたシナリオ集「アカシック13」の最初に乗ってる奴です。


以下、ネタバレ有り。


以下、ネタバレ有り

















1.シナリオ導入

 最初に登場するNPCは、依頼人兼ヒロインの赤西(無個性)と、警官の横綱(デブのインスマス面)の二名。ちなみに僕は横綱のキャラ付けを「語尾にドスコイをつける」というきわめて安易な方法でやりました。ドスコイ、ドスコイ。
 こういう語尾でキャラ付け行うのは勢いが大切なので、KPはあやうくヒロインの赤西もドスコイ言いそうになりました。

 ともあれ赤西から探索者へ依頼が入ります。ワンちゃん探して、って奴ですね。しかしこの糞どうでもいい依頼に、探索者は苦い顔をします。
 確かにやる気が出てこないというか、あまりテンションの上がる依頼(導入)ではありませんね。緊急性があるわけでもなく、人命が危機に陥ってる訳でもなく、探索者自身の生い立ちなどに関する話でもない。だからPLが

「何か導入しょぼいな。もしかしてもっとドラマチックな導入があるの?」
「よし、ここは待ちだな」

 と感じるのも無理らかなぬ事です。
 僕はそんなPLの心情を察しながら、続けてシナリオに書いてる文をそのまま読み上げます。

――探索者は謎を解き明かし、事件を解決しようと努めるキャラクターである。

 KPの口からこれ言わせるのは半分禁じ手っぽい気もします(笑)。でもPLはこれを聞いたら

「ああ、もう導入のイベントは終わりなのねん。これは引き受ける以外にあるまいて」

 とメタ読みしてくれます。流石にここまでして依頼を受けないPLは、修槌会には居ません。(もし居るのなら速攻で毒入りスープを飲ませてやります)


2.犬神屋敷へ潜入

 低いテンションからスタートしたせいか、探索者は街での情報収集をせずに犬神屋敷へ向かいます。確かに犬の場所が分かってる以上、街で情報収集する必要はないですよね。それにワンちゃんがお腹すかせてたら可哀そうなので、なるべく早く見つけて上げたいですし。

 こうして屋敷に潜入し、NPCの警官二人と会います。横綱と八頭です。八頭は怪しさMAXなので、探索者は怪しみます。

 屋敷を探索してすぐに、怪しい影が横綱を連れ去ります。この展開に探索者はビックリ。ビックリはしましたが、ここで逃げ出す探索者は誰一人いません。探索者は誰に頼まれる訳でもなく、横綱を探そうと決意します。ここら辺のノリの良さと決意の仕方は、やっぱPL慣れてるなぁと感じます。それにヒロインの赤西より、インスマスデブの横綱の方がPLから愛されてますからね。

 この後はよくあるダンジョン型の探索シナリオです。

 部屋 → 探す → 怖い目に会ったり証拠を手に入れたりする を繰り返し、事件の全容を掴んでいきます。途中で探索者の一人が八頭を挑発しすぎて(しかもコナンの物まねをしながらだからウザさ全開)、八頭にピストルで撃たれそうになりましたが、変わった所はそれぐらいで何事もなく進んで行きました。


3.ラストの青い膿

 犬神付きが襲ってくる中、銅鏡の前で退散の儀式を行うイベント。探索者(警官の上杉)と横綱の二名が壁になり、その間に儀式を完成させます。

 儀式は一回で終わらないので、その間に壁役が犬神付きから攻撃を貰います。壁役は受け流しと回避で耐えなければなりません。

 壁役になった二名の内、探索者の方は受け流しと回避率共に高い値を持ってます。が、横綱は両方とも高くありません。警棒による受け流しが36%で、回避率に至っては何と8%。耐久力も大幅に減ってるし……死んだかな?

 しかしここで、ダイスに奇跡が宿ります。なんと横綱が、犬神付きの攻撃をすべて警棒で受け流したのです。これには場に居た全員が歓声を上げました。
 PCの活躍を華麗に奪うNPC。それはまるで、ロードス島戦記のカシューの様。(インスマス面の糞デブ横綱君は、実は剣聖カシューだった……?)

 そんな横綱の活躍があり、儀式は無事に終わります。犬神付きは宇宙へ放り出され、事件は解決。シナリオは終了。
 一緒に遊んだ皆さん、ありがとうございました。



<シナリオを終えて>

 セッション終わってから気づきました。それは【武器による受け流しの制限】です。

 受け流し出来る攻撃って、刃物による攻撃のみ可能なのです。つまり鈍器の攻撃やクリーチャーの攻撃は、武器で受け流し出来ません。ちなみに犬神の付きの攻撃は、クリーチャーの攻撃に該当します。

 あれ?そうすると横綱君死んでるね。クリーチャーの攻撃を受け流せずに死んでるね。

 でもまぁ、横綱君は剣聖カシューである事は証明されたので、受け流せないって事は無いんですけどね。だってロードス島戦記のルールではそんな制約有りませんから。横綱カシューを倒したいのなら、暗黒皇帝ベルドかカーディスかアザトースを連れて来なければなりません。

 いつかはそんなシナリオ、遊べると良いですね。
スポンサーサイト




管理者にだけ表示を許可する
fc2ブログ